VISION /
BRANDING
大学の将来ビジョン・ブランディング

VISION / BRANDING 大学の将来ビジョン・ブランディング

東京薬科大学のブランドイメージ

東京薬科大学を構成する薬学部、生命科学部では「薬の開発=創薬」という
共通のテーマに通じるポリシーを掲げており、いずれも健康や医療への貢献を目指すものです。

その一環として本事業では創薬化学を中心としたアカデミア創薬の研究を強化することで
ブランディングを推進していきます。

東京薬科大学が目指すブランドイメージ

  • 01
    BRAND IMAGE
    健康社会の実現に向けた
    創薬化学の展開と人財育成
    健康社会の実現に向けた創薬化学の展開と人財育成
  • 02
    BRAND IMAGE
    創薬化学により
    人類の福祉と健康に貢献する大学
    創薬化学により人類の福祉と健康に貢献する大学
  • 03
    BRAND IMAGE
    創薬化学を基盤とした
    アカデミア創薬の拠点
    創薬化学を基盤としたアカデミア創薬の拠点

薬学部のポリシー

創薬を取り巻く科学と技術の進展に合わせ、疾病の予防、診断、
治療のために必須である薬の創薬に関連する社会ニーズを察知し、
それらに応じる素養を身につける

生命科学部のポリシー

生命の根源的しくみ、化学及び創薬基礎に関わる
基礎的知識と技能を身につける

大学の将来ビジョン



東京薬科大は創設時からの基本理念を実現し、次のような人材を育成することで社会への貢献を目指しています。

「人類と生命を慈しみ、科学技術の発展及び人類の福祉と健康に貢献するための高度な研究能力を持ち、国際社会で活躍できる意欲的かつ高い能力のある人材」


大学の将来ビジョン

現在でも東京薬科大学は薬剤師国家資格の取得者数の多さや、医療・製薬業界への就職率の高さにおいて全国でトップレベルを維持しており、引き続き人財育成に力を入れていきます。

大学の将来ビジョン

東京薬科大学は、1880年創立の我が国最初の私立薬科大学です。以来、

「病からの解放を願う素朴なヒューマニストたれ!」
「優れた薬の開発にむけて、われわれの努力の花を咲かせよう!」

を共通理念とし、多くの人財を基礎研究や医薬品業界の場に輩出し、医療や創薬に貢献してきました。

現在、東京薬科大学は「ヒューマニズムの精神に基づいて、視野の広い、心豊かな人材を育成し、
薬学並びに生命科学の領域にておいて、人類の福祉と世界の平和に貢献する」ことを大学の理念として掲げています。
この理念のもと、本事業では、東京薬科大学の二つの学部(薬学部・生命科学部)が協力して
アカデミア創薬を目指した研究を展開し、人財を育成します。

人財育成の強み

  • 歴史と伝統を誇る137年日本最古の私立薬学教育機関
  • 歴史と伝統を誇る137年日本最古の私立薬学教育機関
  • 歴史と伝統を誇る137年日本最古の私立薬学教育機関
  • 歴史と伝統を誇る137年日本最古の私立薬学教育機関

アカデミア創薬の対象者別効果

当事業に関連のある対象(ステークホルダー)としては次のものが挙げられます。
これらの対象者へ個別にブランドイメージを発信することで、対象者のニーズに合った効果が期待できます。

当事業の対象

●アカデミア創薬 ●製薬企業・医薬品関連企業 ●学生 ●高等学校(生徒、教員)一般社会

当事業の対象

アカデミア創薬研究者
期待できる効果 共同研究の機会を増やし、アカデミア創薬の裾野を広げることに貢献する。アカデミアの研究を実質的な新薬開発につなぐための拠点として作用する。
発信方法・内容 学内外の研究者との共同研究の成果を学会、シンポジウム、学術論文、ホームページを通して発信する。 同様に、基盤技術の高度化に関する研究成果を発信する。
製薬企業・医薬品関連企業
期待できる効果 企業との連携を増やすとともに、学生の就職を支援する。製薬企業では着手しにくい疾病に対する創薬研究を展開し、企業に医薬シーズを導出する。本学から輩出した専門性の高い人材を提供する。
発信方法・内容 学会、シンポジウム、学術誌、展示会を通して発信する。大学院生や学生による発信の機会も増やす。パンフレットの配布などで本事業の取り組みを広める。研究シーズ集を作成し企業に郵送する。
学生
期待できる効果 学生の学修意欲を高める。薬を創りたいという夢を持って入学してくる学生が、創薬研究に携わることで、創薬マインドや健康社会に貢献する意識を育てる。
発信方法・内容 事業内容をホームページで発信する他、適宜授業などに反映させる。事業に関連した学内での公開セミナーも開催する。
高等学校(生徒)
期待できる効果 人類の福祉と健康に貢献する志を持った受験生を集める。基礎科学が製薬を支えていることをアピールすることにより、高校生の理科への関心を高める。
発信方法・内容 ホームページの他、高校への出前授業、オープンキャンパスにおける模擬授業、研究室見学、学内で開催される高校生の方への企画を通して、アカデミア創薬への取り組みや基礎科学の重要性・面白さを伝える。
高等学校(教員)
期待できる効果 提供する情報が、授業・実験における題材や話題のヒントに活用できる。本事業を通して生徒の進路指導に役立ててもらうとともに、理科系科目の指導において参考となる情報や教材等を提供する。
発信方法・内容 高校訪問やパンフレットの配布の他、高校教員対象の入試説明会・セミナー・実習などを通して本事業での取り組みを紹介する。
一般社会
期待できる効果 アカデミア創薬への取り組みと創薬人材の育成を通して、高齢化・医療費増加といった社会問題に対応し、健康社会の実現に向けて貢献する。
発信方法・内容 ホームページで本事業の取り組みを発信する他、学内外における一般市民向けのイベントや公開講座などで製薬や疾病、健康に関する情報を発信する。