ANNUAL PLAN 年次計画

ANNUAL PLAN 年次計画

目標

アカデミア創薬の成果として、成果物を然るべき製薬企業等に導出する。健康社会の実現に向けて、創薬化学を基盤としたアカデミア創薬の私学における拠点としての定評を得る。

  • 新たな共同研究を開始する。(学外との共同研究 3件)
  • アカデミア研究者に対し、研究成果を、論文、学会、シンポジウムで発信する。(計 20件)
  • 特許出願(1件)
  • 企業に対し、アカデミア創薬の取り組みを、展示会で発信する。(2件)
  • 学生に対し、アカデミア創薬の取り組みを学内セミナー等で発信する。(2件)
  • 高校教員あるいは高校生に対し、オープンキャンパスや模擬授業等でアカデミア創薬の取り組みを発信する。(計 3件)
  • 一般社会に対し、市民向け公開講座を行う。(1件)

実施計画

情報発信

  • ホームページ等で本事業の成果を発信する。
  • オープンキャンパスや模擬講義等で、本事業の取り組みと成果を高校生・高校教員に向けて発信する。
  • BIO Tech で研究内容を企業及びアカデミアに向けて発信する。
  • シンポジウム、学会、学術誌等で研究内容をアカデミアや企業に向けて発信する。
  • 健康社会実現に向けたアウトリーチ活動として、生命・健康・薬に関する市民向け公開講座を行う。

研究計画

  • CMT病またはPM病、あるいは両者について、治療薬標的候補化合物を人工的に構築した神経組織及び疾患モデルマウスで有効か評価する。
  • 次世代型PDC及びADCハイブリッド創製に向けた高度化。
  • 新たな共同研究の推進。